空手修行日記 {胃が口から出る}

1ヶ月半ぐらい空手を休んで、昨日11/15に久っしぶりに道場へ。

運動らしい運動は何もしてない、しいてあげれば消防団の操法の大会練習で走るぐらいか。

心肺がびっくりせんよーに、前の日に5キロのランニングだけしたけど、ダメ、きっつい。

スパーリングのときは、やっぱりゲーゲーと胃が口から出そうになる。きっつい。

身体が重たーい、手足にオモリを付けとるんじゃないかというぐらいぢゃ。

それと、長いこと休んどると、稽古着の着こなしが不細工になるよーな気がする。

腹まわりの肉がちょっと付いただけで帯の結びの位置が変わり、緩み易くなるしね。

微妙な体型の変化とかが影響するんじゃろうか、着こなしには。

画像


身体って不思議です。

叩かれ、蹴られる事から遠ざかると、以前では何でもなかった衝撃が非常に痛く感じる。

痛みに慣れるとか、痛みを無視できる能力が人間にはあるんですねえ。

それが恐怖心というものにすっごい影響しますねえ。


さて、これから忘年会シーズンに突入するわけで、稽古に復活したとはいえ、飛び飛びの出席

になるじゃろう。いかに「怠け心」を退治するかが課題となります。

心の声として「男を磨き続けろ」はいつも聞こえてはいるんですが・・・・・・・・・・・・。


筋肉痛が気持ちええー。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック